健康な体が一番!笑顔のあるれる生活を!

月別記事一覧: 2022年10月

2022.10.30料金改正のお知らせ

いつもやもと整骨院をご利用頂き誠にありがとうございます! 料金改正についてのご案内を申し上げます。 12月1日より各治療料金が画像の通り、改正致します。 また、ボディメンテナンスのコースにつきましては今まで通りの価格になります。 急なご案内となりましたが引き続きやもと整骨院をよろしくお願いします!! 何かご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい!

2022.10.21反り腰

今回は反り腰についてご説明いたします。まず、反り腰とはどのような状態をいうのか・・・その名の通り腰が反った状態をいいますがどのくらい反ったら反り腰の部類に入るのかご存知でしょうか。反り腰かも?と不安な方は一度セルフチェックをしてみましょう。①壁に頭、踵、臀部の三ヵ所がつくように立ちます。②その状態で壁と腰の間に手を挟んでみましょう。手を挟んだ時に手の平がギリギリ入るくらいでしたら正常範囲内です。しかし握りこぶしが入るくらい、もしくは挟んだ手の平がスムーズに動き、隙間が大きい場合だと反り腰の可能性があります。 1⃣反り腰になる原因 反り腰になる要因としてあげられるのは筋肉のアンバランスと骨盤の傾き(骨盤の開き・骨盤の前傾)です。腰周辺の筋力低下、太もものうら(ハムストリングス)の筋力低下などにより、骨盤が前傾してしまい反り腰となります。また骨盤が開いた状態ですと内臓の位置が正常位置に保つことができず、下腹部に下がりぽっこりお腹が出てしまうのも反り腰の特徴の1つです。猫背やストレートネックの方も要注意です。とくに頭や首が前に出てしまうような姿勢が続くと上半身の歪みとのバランスを取ろうとして腰が反ってしまいます。 また女性は普段履く靴にも注意が必要です。高すぎるヒールは重心が前に傾くため、前に倒れないよう後ろに重心を置こうとして反り腰になってしまうのでヒールの高さは身体に負担がかからないような靴を選びましょう。他にも太り過ぎによっても反り腰が起こりやすいです。体重が増え特にお腹に脂肪がつくことにより、お腹側の重さに耐えようとして腰を反らせてしまいます。体型によっても身体の重心が変わるため、体重管理も意識する必要があります。 2⃣当院での治療法 初めに当院では反り腰の治療も可能ですが、日常生活での怪我とは全く別物になりますので保険適用外の治療になりますのでご了承ください。 治療内容は主に筋緊張の改善と骨格の調節をおこなっていきます。マッサージや筋膜リリース、電気治療器などで筋緊張の緩和・血行改善をし、矯正器具や手技で骨格の調節をし筋肉や関節の柔軟性・可動性を高めます。他にも反り腰の原因を考えますと筋肉量のバランスを取るために、体幹・下肢筋を鍛える必要があります。筋力増量にはEMSなどの治療器を使い筋肉を解しつつ鍛え骨盤の安定化に力を入れております。また治療内容や矯正方法は個々に合わせてプランを組み立てるため骨を鳴らすような矯正が苦手な方や、マッサージや矯正が初めてな方もご安心下さい。詳しい内容、施術時間、料金、ご予約等につきましてはお電話やLINE公式アカウントにて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。心よりお待ちしております。

2022.10.0310月~営業案内~

いつもやもと整骨院をご利用頂き誠にありがとうございます。 10月の営業案内を申し上げます。 今年3月の地震による損傷個所修繕のため10/10(月)~10/12(水)までの3日間、臨時休診いたします。 大変ご迷惑、ご不便おかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2022.10.07椎間板ヘルニア

皆様はヘルニアがどういうもので何が原因で発症するのかをご存知でしょうか?今回は腰痛の原因に多い椎間板ヘルニアについてご紹介します。 1⃣椎間板とは何か、ヘルニアとはどういう意味なのか・・・ 椎間板とは椎骨と椎骨の間に存在する軟骨でクッションの役割があります。またヘルニアとは何かが飛び出す事を意味しています。要するに椎間板ヘルニアとは椎間板が姿勢や動作や加齢により変性し、組織の一部分が飛び出している状態をいいます。頚椎の椎間板が飛び出していれば頚椎ヘルニア、腰椎の椎間板が飛び出していれば腰椎ヘルニアとなり、その中でも一番多いのは腰椎ヘルニアです。 2⃣椎間板ヘルニアを引き起こす原因とは? 椎間板が変性する要因として普段の姿勢、負担のかかるような姿勢での繰り返し動作、加齢が関係しています。また遺伝との関係性や喫煙との関係もあるという報告もあり普段の姿勢だけが原因ではない場合もあります。 しかし原因の多くは不良姿勢です。デスクワークや長時間の運転など不良姿勢のまま長時間同じ姿勢でいるのは椎間板の変性を助長させてしまうため、作業環境の改善が必要です。近年では新型コロナウイルスの影響により在宅ワークやリモートワークなどが急増したことより座っている時間が増え、外出制限があったことにより体を動かし機会も減り身体にとって悪循環な状態が続いています。そのため、環境に合わせた対策を取りいれましょう。 3⃣治療法 症状の度合いにより治療内容や施術時間、料金は変わりますが、主にマッサージや筋膜リリース、骨格矯正、干渉波等の治療器を用いて施術にあたります。当院ではマッサージや筋膜リリースといった手技で筋緊張を緩和させ血行改善と神経の通り道を確保し、代謝と治癒力の向上・筋肉や関節の柔軟性を高め、手技や矯正器具を用いて歪みの改善をし完治後の再発防止に力を入れております。また超音波やマイクロカレントなどの治療器を中心とした炎症症状に特化した施術も可能ですので、痛みが強くベッドに横になれないかもという方もご安心ください。 より詳しい施術内容・料金・施術時間、予約等につきましてはお電話やLINE公式アカウントにて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。心よりお待ちしております。

カテゴリー

人気記事一覧

最近の投稿

アーカイブ