健康な体が一番!笑顔のあるれる生活を!

月別記事一覧: 2022年7月

2022.07.20手や指の痺れ

当院に来院される患者様の多くに見られる症状の一つには「痺れ」があげられます。「痺れ」には正常なものとそうでないものがあり、正座をした後に出る痺れのようなある部位が圧迫された状態が続いたことにより起こる症状は正常な痺れで誰にでも起こりうるものです。しかし、何もしてなくても痺れが出たり仰向けで寝ていて何処も圧迫されていないのに手や足が痺れるといったものは異常な痺れになります。 今回は手・指の痺れについて考えられる病気をご紹介いたします。 1⃣一つ目は手根管症候群です。正中神経が圧迫を受けることにより痺れが出現し、痺れが出る範囲は正中神経が支配する領域である掌側(手のひら側)の親指・人差し指・中指・薬指の親指側のみです。しかし領域すべてが痺れるわけではないので注意しましょう。 2⃣二つ目は肘部管症候群です。これは尺骨神経が圧迫を受けると起こる障害で、小指と薬指の小指側に痺れが出ます。小指に症状が現われた場合は肘部管症候群の可能性が最も高いでしょう。 3⃣三つ目は橈骨神経麻痺です。親指側を通る橈骨神経が圧迫を受けると発生するもので、親指・人差し指・中指それぞれの手背(手の甲側)に痺れが出ます。 4⃣四つ目は胸郭出口症候群です。手や指だけではなく前腕や上腕あたりにも痺れの症状がある場合は胸郭出口症候群の可能性があります。 5⃣五つ目は頚椎症です。頚椎症は症状の度合いにもよりますが、下肢に痺れが出たり歩行障害も出現する場合があります。そのため痺れる範囲も大きかったり、痺れる範囲が移動したりで症状が定まらないこともあります。 以上の他にも脳梗塞・脳卒中・糖尿病・脊髄損傷・関節リウマチなど、症状として痺れが出ていることもあり、身体そのものが原因の可能性もあります。そのため「痺れが落ち着いたから大丈夫」「自分で調べて原因が分かったから病院に行かなくてもいい」と思ったとしても自己分析だけで済まさず、一度病院へ行き診察を受けたりMRIなどの精密検査を受けることをお勧めします。なぜなら自己分析が正しいとは限りませんし、私たち柔道整復師でも診断することはできないからです。私たちは患者様のお話を聞いて専門知識を用いて「これかもな…」と瞬時に予測を立て症状改善に努めることは出来ますが、血液検査をしたり、レントゲンやMRIをとったりできないため病気の断定は出来かねます。痺れの原因をハッキリさせるためには病院を受診するのが一番ですので、異常な痺れが現われた際には早急に病院での診察を受けてください。そして・・・原因がハッキリした後のリハビリや機能改善は私たちにお任せください!スタッフ一同、症状改善に精一杯努めますので、何かご不明な点やご相談がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

2022.07.28頚椎症

頚椎とは、首の骨のことをいい、7個の骨からなっています。その7個の骨が作る首の形状は緩やかなS字状のカーブを描いており、重力や頭の重さの分散に適した形状が作られています。脳から続く脊髄が体幹へ行きわたるまでに初めの通過点となるのが頚椎であり、頚椎のあたりで何かしらの圧迫を受けると神経・血管の通路が狭まり首・肩付近の症状はもちろんですが時には下肢の症状が出現する事もあります。 1⃣頚椎症とは 頚椎症は加齢による老化現象により椎間板・骨・靭帯・血管などが変性し起こる病状を言います。頸椎症には様々なタイプがあり、「頚部脊髄症」は首周囲の局所症状のみの症状で、首痛・背部痛・肩こりなどが起こりやすいです。「頸椎症性神経根症」は神経根症状があるもののことで上肢・手への放散痛,痺れなどが起こりやすいです。「頚椎症性脊髄症」は脊髄の圧迫症状があるもので上肢・下肢の痺れ、歩行障害、指先の運動障害、腱反射異常などが起こりやすいです。以上のような頚椎症の他にも頚椎症に分類される傷病は多様に存在します。一概に頚椎症とはいっても、どのあたりで圧迫を受けているのかにより症状は変わるため、個々により症状も様々なのです。 2⃣原因は? 原因の多くは加齢によるものです。加齢に伴う身体の変化により椎間板の膨隆・骨棘の形成・靭帯の肥厚などにより神経根が圧迫や他の刺激により症状が出現します。他にも不良姿勢でのパソコン作業やスマホ操作なども頚椎症の引き金となりますので私生活での姿勢に注意が必要です。また、上を向きながらの作業が多い場合も引き起こしやすいです。仕事などによりどうしても避けられない場合は運動療法やストレッチなどをして悪化防止・予防に努めましょう。 3⃣当院での治療法 当院で頚椎症の治療は可能ですが変性してしまった椎間板や靭帯を修復したり、棘のように出てしまった骨を削ることは出来ません。しかし、筋肉や関節、神経などに対しての治療をすることで症状の緩和・症状の再発防止は出来ます。当院ではマッサージや筋膜リリース、運動療法で筋緊張の緩和、血流促進、関節の可動域改善を目指します。他にも治療器具や様々な矯正方法を用いて施術を行います。組織の変性はあっても、骨格そのものを見直すことにより運動障害の改善や、痺れの改善につながるため、なるべく取り入れるよう心掛けております。また、頸椎症の症状は個々に違いますので、その患者様に合った治療プランを提供するため治療費用も変動がございます。大まかな料金や治療内容の詳細、ご予約などにつきまして何かご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。心よりお待ちしております!

2022.07.057月~営業案内~

いつもやもと整骨院をご利用いただき、ありがとうございます! 7月の営業案内を申し上げます。 7/18(月)は祝日の為、AM9:00~12:00/PM14:00~17:00と短縮して営業いたしますのでよろしくお願いします。 また、7/12(火)の15:00~16:00の間は社員研修のため休診、7/28(木)の14:00~17:00までの間は一部社員の研修があるためご予約時にご不便おかけしますがご了承下さいませ。

2022.07.05胸郭出口症候群

1⃣胸郭出口症候群とは? 普段から肩や腕、肩甲骨周りなどに痛みや、痺れが現われやすいなどの症状にお悩みの方・・・首凝り・肩こりからくる症状だと思っていませんか?もちろんその可能性もあるのですが、もしかしたら胸郭出口症候群を患っている可能性もあるのです。胸郭出口症候群とは洗濯物を干すような動作・高い所に手を伸ばす動作など腕を挙げるような動きで上肢に痺れが出現したり、肩・腕・肩甲骨周辺に痛みが生じる病気です。その他にも手の握力低下や細かい作業がしづらくなるなど日常生活に支障をきたす場合もあります。痛みの種類は個々に違うため重苦しい・うずくような感じ・刺すような痛みなど様々です。以上のような特徴を持つのが胸郭出口症候群です。こういった症状がなぜ現れるのか・・・その原因を説明いたします。 2⃣胸郭出口症候群の原因 胸郭出口というのは首と胸の間を通る通路をいい、そこには多くの神経(腕神経叢)や主要な血管(鎖骨下動脈など)が通っており腕へ走行しています。胸郭出口で何かしらの圧迫を受けることにより、神経や血管が圧迫され症状が現われ胸郭出口症候群となるのです。しかし、胸郭出口症候群は・斜角筋症候群・肋鎖症候群・小胸筋症候群の総称であるため、胸郭出口付近のどこで圧迫を受けるかにより痛みの場所や痺れが出現する範囲が変わっていきます。 胸郭出口症候群を引き起こす原因は腕を挙げる動作やスポーツ・筋トレ、重い物を持ち上げる動作の繰り返し、肩甲骨が下がるような不良姿勢などがあげられます。また、骨格的になで肩の女性も胸郭出口症候群になりやすいと考えられています。なで肩のような状態ですと鎖骨が下がることにより肋骨との隙間が狭くなり神経・血管の通路が狭くなるため症状が出現しやすいです。その他、筋トレやスポーツをしていると筋肉が発達しさらに腕を動かす事により神経・血管の圧迫が繰り返されるような日常生活も起因の1つになります。 3⃣治療法 当院では胸郭出口症候群の症状を軽減させるためにマッサージや筋膜リリース等の手技を用いて神経・血管の通路確保にあたります。また温熱療法や運動療法を取り入れて血行促進・筋肉弛緩・可動域改善に力をいれており、他にも首、肩、背中など胸郭に関係するところの骨格矯正も取りいれ筋肉や関節が正常な動きができるように骨格からも見直すよう心がけています。さらに自宅で出来るストレッチや日常生活での注意点などもお伝えし、患者様自身で症状が軽減できるよう指導管理も行っております。 施術時間や料金、ご予約などにつきまして何かご不明な点等ございましたらお電話やLINE公式アカウントにて承っておりますのでお気軽にご相談下さい!お待ちしております。

カテゴリー

人気記事一覧

最近の投稿

アーカイブ