健康な体が一番!笑顔のあるれる生活を!

月別記事一覧: 2022年5月

2022.05.25手根管症候群

1⃣手根管症候群とは? 手首には手根管と言われるトンネルのような空間があり、その空間には正中神経や腱などが通っています。手根管症候群は手根管を通る正中神経が手の使いすぎや何らかの刺激を受け神経が圧迫されることにより、指先に痛みや痺れが出るもののことを言います。痺れは親指、人差し指、中指、薬指の親指側に出現し、小指には症状が出ないというのも特徴的です。他にも何かに触れたときの感覚が鈍くなるなどの感覚低下がみられ、夜から朝方に痛みや痺れが増強し、痛みで目が覚めることもあります。また症状が進むと母指球筋の筋力が低下することにより、力が入らない・ボタンをかけたり何かをつまむといったような動作が思うようにできなくなる等の症状も現れてきます。 2⃣発生原因 原因の多くは手の使いすぎで手根管を通る腱が炎症を起こしたり・むくみが起き発症する、もしくは原因のハッキリしない特発性のものです。中高年女性や妊婦、産後の方に多く見られることから女性ホルモン関連する病気だとも言われています。女性ホルモンの分泌量に伴い手根管内にむくみが起こりやすいことにより正中神経が圧迫され症状が出現するケースがあり、生活習慣病になりやすい更年期にはとくに注意が必要です。 その他にも肥満、手首の骨折後、手根管内の腫瘍、リウマチによる滑膜炎、腎疾患、透析、糖尿病、痛風などのホルモン変化や代謝性疾患に伴い発生することもあります。 初期症状は指の痺れや指の動かしづらさなどの違和感が出てきます。しかし患者様の多くはこの段階では病院にかかる方は少ないのではないでしょうか?当院の患者様のお話を例にすると、「仕事や予定がはいっていて忙しく受診出来なかった」「少しの痺れや違和感ぐらいならそのうち治まるだろうと思っていた」という方が多く、早期治療のタイミングを逃してしまい症状が悪化した段階で受診されるかたが多いです。症状が進めば進むほど、治るまでの時間もかかりますので早めに症状と向き合う事をお勧めいたします。症状と向き合う第一歩として手根管症候群かもと思ったら、「ファレンテスト」という診断テストをしてみましょう。左右の手首を直角に曲げて、左右の手の甲を合わせます。その状態で約1分キープしましょう。その間に小指以外の指に痺れが出たり、痛みが悪化した場合は手根管症候群の可能性があります。しかし、この診断テストだけで手根管症候群と判断できませんので陽性反応が出ても出なくても、普段から手に異常があるのであれば一度病院で検査を受けることをお勧めします。 3⃣当院での治療 当院では消炎鎮痛剤やビタミン剤の処方、ホルモンに関する注射などは出来ませんので、手技療法がメインとなります。具体的には、筋肉の緊張を取り除くことにより手根管にかかる負担の軽減、手根管までの正中神経の通り道の確保のためのマッサージや筋膜リリース、血行促進の為の電気療法、疼痛抑制・深部へのミクロマッサージを目的とする超音波療法などを用いて治療にあたります。ある程度痛みが引いてきた場合や、軽症であればストレッチ方法の指導も加え再発・悪化防止に力を入れております。以上のように患者様の症状や状態に合わせて治療プランを組むことにより、その時々に合った治療を提供するよう心掛けております。また手根管症候群に伴う首凝り・肩こりなどのその他の症状も同時に対応も可能ですのでご安心ください。治療内容や料金、予約等につきまして何かご不明な点等ございましたらお電話やLINE公式アカウントにて受け付けておりますのでお気軽にご相談下さいませ。心よりお待ちしております。

2022.05.17ばね指(弾発指)

1⃣ばね指とは? ばね指とは指を曲げた後、指が伸びなくなって曲がったままの状態になり、伸ばそうとするとバネのように急に伸びるという病気です。これはばね指の特徴的な初期症状であり、更に進行すると一度曲げたら戻らなくなり、反対の手で指を伸ばしてあげないと伸びない状態や無理に伸ばそうとすると痛みが強くなります。どういう仕組みで指の動きがバネのようになってしまうのか?それは指の腱と腱鞘(腱が通るトンネルの様なもので腱の浮き上がり防止の役目がある)に問題があるからです。腱と腱鞘は指の曲げ伸ばし、関節の動きに重要な部分で指をスムーズに動かせる構造になっています。その腱と腱鞘の間で炎症が起こると指のスムーズな動きが失われ、指の曲げ伸ばしがしづらくなり次第にバネのような動きになったり痛みが出現してきます。いわゆる指の腱鞘炎のような状態で、腱鞘炎が起きているポイントを腱が通過した際に急に指が伸びる「バネ現象」が起こることがあるため「ばね指」と呼ばれるようになったのです。 2⃣ばね指になる原因 更年期や妊娠・産後の女性に多く見られます。なぜ女性に多いのか?それはホルモンバランスが関与しており加齢による筋力低下、女性ホルモン分泌量低下に伴う骨粗鬆症・閉経、妊娠などホルモンバランスが乱れる事により腱や腱鞘が弱くなるのが原因の一つです。また、スポーツや手・指を多く使う職種、主婦の方など常に手を酷使している人もばね指になりやすい傾向にあります。その他にも関節リウマチや糖尿病のような持病がある方は、血行不良などにより発症しやすくなります。 3⃣治療方法 基本的には、手術をしない保存療法が用いられますが、症状が強い場合は手術が必要になるでしょう。軽症の場合は安静が第一です。痛みの原因となっている行為を避け、できるだけ安静にする事により炎症症状も治まり指の動きも改善してくるかと思います。他にもステロイド剤の注射を打つことや装具をつけて負担を軽減させるなどの治療法があります。 4⃣当院での治療法 まず、痛みが起きている指に関係する筋肉の緊張を取るため上肢を中心にマッサージや筋膜リリースを行っていきます。炎症が起きている場所だけが原因ではなく、痛めている腱の本体である筋肉の動きを改善しないことには回復速度も遅くなってしまうので指だけではなく、前腕・上腕部も触れるよう心がけております。また、炎症が起きている所には炎症を抑える為の医療機器をあて、鎮痛・回復促進作用を促します。ある程度動かせる患者様には、お家でもできるばね指に効果的なストレッチの指導も行っており、悪化・再発防止にも力を入れております。治療内容や治療時間、料金、予約等につきまして何かご不明な点等ございましたらお電話やLINE公式アカウントにて承っておりますのでお気軽にご相談下さい!お待ちしております。

2022.05.16テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

1⃣テニス肘の症状や痛みが出る場所は?? まず、初めに負傷名には「テニス」と表記されている為、テニスをしている人がなるものだと思う方もいらっしゃるかと思いますがそういうことではありません。正式名称は上腕骨外側上顆炎といい、その名の通り上腕骨の外側上顆という場所に炎症が起こって痛みが出るというものです。外側上顆からは長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋・総指伸筋といった筋肉がついておりこれらは手首を伸ばす動作や指を伸ばす動作に大きく関与しているため日常生活で指先や手首に負担のかかる動作が多い方に発症しやすく、スポーツでいうと特にテニス選手に多く見られるため「テニス肘」と言われております。 テニス肘は物を掴んで持ち上げる動作や、タオルを絞る動作など手首の伸展か加わる動作の際に、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。比較的に安静時には痛みは無く、動かすと痛みが出ることも特徴的です。 2⃣テニス肘になる原因 手首を伸ばす動作・手首を上に上げる動作や手首を外に捻る動作(回外動作)などをを行った際に上腕骨外側上顆に付着する筋肉が働きます。この動作が繰り返し起こる事により筋肉・腱に負荷がかかり痛みが出現すると考えられています。多くは何かを強く握ったり、重い物を持つ動作や、テニス・ゴルフなどで起こりやすいものですが近年では、長時間のパソコン操作によっても発症するケースがあります。手首を起こしている姿勢が長時間続くと大きな負荷がかからなくても使い続ける事によっても発症します。 3⃣治療方法は? 使いすぎにより起こるテニス肘は、安静に過ごすことができれば基本的に自然治癒することが多いです。原因となっている動作を避け、アイシングをして筋肉を休ませてあげる事で次第に炎症も落ち着き、痛みも引くでしょう。しかし、安静にできないとなると炎症が悪化し少し動かしただけでも痛みが出るようになり日常生活に支障が出るまでになってしまいます。悪化した分、治るまでの期間も長くなり、治りづらくなるため早めの治療、休息が治すための近道です。どうしても動かなければならない!という場合にはサポーターやテーピング、治療院でのケアをしつつ、悪化防止のためにもお家でもケアする必要性があるでしょう。 4⃣当院での治療法は? 当院では、炎症を抑える為の治療をメインに行います。炎症が起きている組織に対し、強めのマッサージや矯正は悪化させるおそれがあるため、炎症期間の間はソフトなマッサージや筋膜リリースを用いて筋緊張の改善と超音波という機器で炎症を抑えるよう施術を行います。その他にも熱感を取り除くためのアイシングや、筋肉の動くをサポートする為のテーピングなど回復促進・悪化防止に力を入れております。炎症期間が過ぎ、痛み引き次第マッサージや矯正など取り入れ、その時の状態に合わせて内容を変えながら施術をおこなうよう心がけており、再発防止にも努めています。 テニス肘のほかに数々のお怪我にも対応しておりますのでお気軽にご相談下さいませ。その他のお問い合わせ等もお電話やLINE公式アカウントにて承っております。お待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。

2022.05.06脊柱管狭窄症

1⃣脊柱管狭窄症とは? 皆様は脊柱管狭窄症はどういったものなのかご存知でしょうか?脊柱管とは、椎骨(背骨)が連なってできたトンネルの様な管のことを言い、その管の中には脳から続く脊髄神経(感覚神経や運動神経)が通っていて脳脊髄液(栄養の運搬や老廃物の除去、脳・神経の保護をする)で満たされています。 脊柱管狭窄症とは、脊柱管の中を通る神経の背側にある黄色靭帯が分厚くなったり、骨が変形・突出したり、ヘルニアなど様々な要因により脊柱管が狭くなった状態のことを指します。脊柱管が狭くなるとその中を通る神経が圧迫され、痛みなどの症状が現われてくるのです。しかし、狭窄のあるすべての人に症状が出るわけではなくレントゲンやMRIなどの画像検査で狭窄が見られても痛みや痺れなどの症状が出ない場合もあります。 2⃣主な症状 症状は脊柱管のどこで狭窄が起こっているかにより変わります。狭窄が起きやすいのは頚部・腰部に発症することが多く、当院では腰部の脊柱管狭窄症にお悩みの方は多く見られます。 頚部の狭窄症の場合、手足の痺れや痛み、運動障害などが現われることがあります。具体的には、服やズボンのボタンが掛けにくい、字が書きにくくなるといった指先の細かい動きがやりづらくなったり、歩きにくさや足をあげづらいなど下肢の症状も出現します。 腰部の狭窄症の場合、腰から下肢の痺れや痛みが出現し、歩行時に臀部や下肢に痛みや痺れを感じやすく、休憩をすると症状が和らぎ、再び歩き始めるとまた症状が現われるといった間欠跛行がみられるのが特徴的です。 3⃣狭窄症の治療法 治療法には保存療法と手術療法があります。症状が軽い場合は神経ブロック注射や鎮痛剤を使用する薬物療法・コルセットの着用や患部のリハビリ、ストレッチなど手術をしない「保存療法」で治療をする事が多いでしょう。保存療法でも症状が緩和しない場合や、症状が重い場合は脊柱管を広げ神経の圧迫を防ぐための手術や脊柱管を広げた後に金属やポルトで固定する手術などが用いられます。しかし、手術をしてからといって必ずしも完治するわけではありません。術前より症状は軽くなったが、まだ痛みや痺れが残っているというケースや、術後は症状がなかったが数年経ってまた症状が出現し始めたというケースも多く見られます。 当院では薬物療法や手術療法は出来ないのはもちろん、脊柱管を広げたり金具で固定することは出来ない為、患部のリハビリやストレッチなどの手技療法をメインに施術にあたります。具体的には、マッサージや電気療法で血行の促進を促し筋緊張の緩和に努めます。また、筋肉や関節の動きがより良くなるように筋膜を緩める筋膜リリースや骨格そのものの根本改善のための骨格矯正なども取り入れ再発・悪化防止に力を入れております。矯正方法は器具なども使わず手技のみで行うソフトな矯正から矯正器具を使っての矯正や、骨を鳴らすような強めの矯正など様々な技法から選び施術にあたりますので、個々の患者様に合わせた治療プランをご提供することが出来ます。治療内容や料金、予約等につきまして何かご不明な点等ございましたら、お電話、やもと整骨院のLINE公式アカウントにて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー

人気記事一覧

最近の投稿

アーカイブ