健康な体が一番!笑顔のあるれる生活を!

月別記事一覧: 2022年3月

2022.03.09ストレートネック

1⃣ストレートクネックとは? 現在、日本人の8割以上がストレートネックの予備軍と言われるほど増加傾向にある症状「ストレートネック」。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?本来、首の形は横から見ると緩やかなS字カーブのような形状をしているのが正常です。なぜS字カーブになっているかというと、S字に曲がっている事により重力や重い頭を支え、姿勢を保つのに有利な状態にするため自然にS字になるように形作られるようになっています。しかしそのS字カーブが失われ首が真っすぐ前に出ている状態になると上手く頭の重さを支えられず、余計に筋肉が緊張してしまい神経や血管が圧迫を受け首の痛みや、肩凝りの悪化、頭痛や痺れを引き起こすなど様々な不調をもたらすことがあります。これがストレートネックです。今では不良姿勢でスマホを長時間扱うことで生じやすいこともあり「スマホ首」とも言われます。 2⃣ストレートネックは何が原因なのか…治るものなのか? 原因の一つ目はデスクワークです。長時間正しい姿勢でパソコン操作ができていれば良いですが、前傾姿勢になったり猫背になってしまう人の方が多いのではないでしょうか?デスクに向かう姿勢が悪かったり、デスクの高さや椅子の高さが自分に合っていないと、画面を覗き込むように首が前に出てしまったり背中を丸めて画面と目線を合わせ調節するようになりストレートネックを引き起こしやすくなります。 二つ目はスマホの見すぎです。現代、一人一台は持っているぐらい普及してる物であり日常には欠かせない物の1つですよね。しかし今ではスマホ操作によるストレートネックが急増しているのです!何気なくゲームや動画を観ている時、お店の待合や電車・バスに乗っている時など…うつむてスマホをいじっていませんか?スマホ操作していると無意識に目線が下になりずっとうつむく姿勢が続くと思いますがそれが首が真っすぐになってしまう大きな原因です。 三つ目は筋力の低下です。なぜ前傾姿勢や猫背になってしまうのかを考えるととても関係深いのです。そもそも猫背になってしまうような姿勢で何か作業をしなければならないという場合は筋力というより作業姿勢が原因ですが、正しい姿勢をキープできず次第に不良姿勢になってしまう・猫背になってしまうという方は、筋力が低下しているため姿勢に関わる筋肉が正常な働きが出来ない状態にあります。不良姿勢にならないために、首のS字カーブを保つためにも筋力は大切です。 主な原因として挙げられるのは以上の3つですが、これらが改善出来ればストレートネックが治るのかと言われると治るとは言い切れないのが現状です。一度真っすぐになってしまった首の形を元に戻すのは大変難しいとこで姿勢改善の意識や筋トレ、ストレッチなど患者様ご自身のお力添えもないと難しいでしょう。しかし形状を元通りにできなくても症状が出づらい身体づくりは可能です! 3⃣改善法 ・スマホ、特にデスクワークが原因なら、まずは姿勢には気をつけましょう。また、デスクの高さや椅子の高さも自分に合っているのか見直し合っていないなら物を変えるかモニター台やクッションなどを使って高さ調節しましょう!理想の位置は真正面にモニターがあり、肘が大体90度に軽く曲がるくらいの椅子の高さです。また、キーボードの位置は自分から遠すぎると前傾姿勢や猫背を招きやすくなるのでそこも注意して作業環境の改善をしましょう。目線が下を向かない様に画面と目線の位置は改善するべきです。 また長時間同じ姿勢も避けた方が良いです。ストレッチを合間にはさんだり、トイレに行くやメイク直しに行くなど何でもいいので立ち上がる機会を増やし少しでも筋肉を動かしましょう! ・ストレートネックに適したストレッチをしましょう。種類は数々ありますがここでは一つご紹介します。フェイスタオルをご準備ください!タオルの両端持ち、首の後ろにタオルを当てて、上を向くように頭を後ろに倒します。その状態でタオルを斜め上に引っ張りながら顎を軽く引いて5秒ほどキープします。これを毎日5回程繰り返し行いましょう。回数よりも毎日コツコツ続けるのが何よりも重要です! 4⃣当院での施術内容 先程も書いたように元の形状に戻すのは大変難しいため、当院ではストレートネックによる肩凝りや頭痛、痺れの改善や、症状が出づらくなるよう再発防止に力を入れた施術となっております。 筋肉の過緊張、血行不良に対してはマッサージや電気療法を用いて施術にあたります。また、筋肉や関節により正常な働きをさせるため首や背中などの骨格の歪みも整える骨格矯正も取り入れております。矯正を入れることにより症状の再発防止にもつながり痛みが出にくくなり生活の質も向上する事でしょう!さらには、お家で出来る簡単なストレッチなどもお教えできますのでお家でのアフターケアもバッチリです! 施術内容やストレートネックの症状についてご不明な点等ございましたらいつでもご連絡くださいませ。それ以外にも予約やお問い合わせ等も電話や、やもと整骨院のLINE公式アカウントにて受け付けておりますのでお気軽にお声がけください!お待ちしております。

2022.03.07背部痛

1⃣背部痛が起こる原因とは? 主な原因の一つ目は、加齢による骨や軟骨、筋肉、靭帯の劣化です。よく患者様から「年も年だから痛いのか?」と問われることがありますが、毎日の運動やストレッチなどをしない限り、年齢に伴う身体の衰えは避ける事はできませんので原因の一つとして加齢は含まれます。二つ目は、日常生活でかかる身体への負担です。同じ姿勢で長時間の作業をする、肩・背中・腰などに重い負荷をかける作業をする、不良姿勢でのデスクワークや長距離運転など様々な原因が蓄積する事により背部痛として痛みが出現するのです。三つ目は、筋トレやストレッチなど運動の際に生じるものや寝違えによるものです。これに関しては急性の背部痛なので患部の安静を最優先し無理に動かなければすぐに良くなりますが、痛めて間もないのに無理をしてしまい慢性化するというケースもあります。以上の3つが主な原因ではありますが、他にも狭窄症、椎間板ヘルニア、ストレートネックなどに伴う背部痛、腫瘍や内臓関係の病気や感染症、精神的な面での問題で引き起こす背部痛もあるため一度医療機関を受診する事をお勧めいたします。 2⃣背部痛に対する当院での治療法 背部痛の原因となっているものにより多少治療内容は変わりますが、主に骨格矯正とマッサージ、電気療法を用いて施術にあたります。マッサージと電気療法は筋緊張の軽減、血流改善のために行う手技であり、この二つだけでは根本改善にはなりません。骨格が歪むと関節や筋肉、靭帯が正常な働きができなくなり体への負担がよりかかる様になり事態が悪化する恐れもあるため、背部痛の出現場所に関係する所の矯正を行い悪化と再発の防止に力を入れています。矯正内容は、骨をポキポキと鳴らすような強めなものや矯正器具を使った矯正、器具を使わず手技のみでゆっくり時間をかけて身体に負担をかけず行うソフトな矯正まで数多くの手法を使い分け治療をしますので個々にあった治療プランをご提供することができます。症状や治療内容等に何かご不明な点や予約につきましてはお電話ややもと整骨院のLINE公式アカウントなどからお受けしておりますのでどうぞお気軽にご連絡くださいませ。

カテゴリー

人気記事一覧

最近の投稿

アーカイブ