健康な体が一番!笑顔のあるれる生活を!

頭。顔。首の不調。

2021.07.08東松島市、石巻市お住いで偏頭痛でお悩みの方へ

女性に多く発症する偏頭痛。今回は偏頭痛の原因と対策、何故女性に多いものなのかをご紹介します。 まず、偏頭痛の一般的な症状はこめかみから目のあたりがズキズキと心臓の動きに合わせるようなリズムで痛むのが特徴です。吐き気や嘔吐を伴い、光・音・気圧や温度の変化に対して敏感になることも多いでしょう。個人差はありますが1ヵ月に1~2度、多い人だと1週間に1度などのペースで周期的に痛みが起こり体を動かすことで痛みが増すため、日常生活に支障を来たすこともしばしば…。 では、何が原因なのか。正直、これといった原因は不明なものです。しかし考えられる原因は幾つかあります。 ① 何らかの理由で脳の視床下部が刺激されることが1つ。顔の感覚を脳に伝える三叉神経に炎症が起こったり脳の血管が急激に拡張したりすることで脈打つような痛みが生じるというものです。脳の視床下部は自律神経、睡眠、食欲、女性ホルモンの分泌などをつかさどっていることから、寝不足、寝すぎ、空腹、疲労、ストレス、大きな音、強い光、強いにおい、人混み、気圧・温度・湿度の変化、飲酒や喫煙などが偏頭痛を誘発させます。また女性なら出産、更年期、月経や排卵といった、ふとした日常生活の行動や環境の変化や女性ホルモンの変動が深く関係してくるため偏頭痛は女性に多いと言われています。 ② 心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「偏頭痛」が起こることもあります。これはストレスから解放され、リラックスした状態になり副交感神経優位になることから血管が拡張するためです。 ③頭痛誘発食品の摂りすぎでも偏頭痛が起こることもあります。チョコレート、チーズ、ハム、ヨーグルト、赤ワインなどなど… ①~③の原因を改善出来れば症状も軽くなるはずですが特に心掛けて頂きたい対策法があります。 ⑴睡眠時間のコントロール 寝不足、寝過ぎ、疲労など体のストレスは片頭痛の引き金になるので避けましょう。とくに週末の寝だめや二度寝は、空腹と寝過ぎが重なって偏頭痛を重くするので要注意です。 ⑵ 患部を冷やす 冷たいタオルなどを痛む部位に当てると血管が収縮して痛みの軽減に役立ちます。一方、偏頭痛がある時に入浴やマッサージなど血管を拡張させるような事をすると痛みが増すことになり逆効果になることも…緊張性頭痛の場合は温めたり解すようなのが効果的です。 ⑶ 静かな暗い場所で休む 頭痛の最中に体を動かすと痛みが増し光や騒音でも痛みはさらに増してしまいます。できるだけ静かな暗い場所で横になり自律神経への刺激を避けましょう。 ⑷ カフェインを適量摂取する コーヒー、紅茶、日本茶に含まれるカフェインは血管を収縮する作用があり痛みの早期に飲むと痛みが軽減します。ただ、連日の過剰摂取は逆に頭痛を誘発するので注意しましょう。 偏頭痛は緊張性頭痛とは少し違う対策法ではありますので自分の頭痛がどのタイプなのか見極める必要があります。またもしも頭痛でお悩みの場合は、治療をご希望の場合はご相談下さい。いつでもお待ちしております!

2021.02.22宮城県(仙台市、東松島市、石巻市など)で顔面神経マヒ、BELLマヒ突発性一側性顔面神経マヒでお悩みの方へ

080791B5-1810-4F2D-B94E-5253920F18A3

 表情筋やまぶたの筋肉が機能せずにだらんとなるいわゆる顔面神経マヒがあります。具体的にはまぶたが下がり目がしっかり開けられない。口の端の口角が下がったまま口の開閉が思い通りにならない。見た目で左右の顔が別になる状態です。 これにはBELLマヒと呼ばれることもあります。 一口に顔面神経マヒといっても二つに分けられることを理解するのが重要です。一つは表情筋に投影される大脳皮質運動野か大脳辺縁系帯状回そのものか、そこから橋までの神経経路の障害が原因による上位運動ニューロン由来にもの。そして橋から表情筋に神経の伸びる三叉神経や顔面神経の脳神経由来の下位運動ニューロン由来のものに分けられます。難しい言葉で書きましたが大まかに大脳が原因の中枢性なものか、三叉神経、顔面神経の障害の下位の障害かで理解していただくといいでしょう。 そして、どちらが原因かを知る目安をあげます。 見分け方ですが大脳由来も顔面神経由来も下半分の顔面が動かないのは共通しています。違いはおでこにあります。 大脳由来の場合はおでこは動かすことができるので眉間に皺を寄せられます。 逆に、顔面神経由来に場合はおでこは動かせないので眉間に皺を寄せられません。 この違いをよく見極めてください。特に中枢性の場合であるおでこが動く場合はすぐに脳外科医に受診してください。 また、突発性1側性顔面神経マヒのベルマヒは顔面神経の機能により次の特徴もあります。 唾液腺が低下でドライマウス。涙腺低下でドライアイ。味覚の低下。動かない顔の反対側に顔が寄る。 BELLベルマヒは最近まで原因不明とされてきましたが、最近ヘルペスウイルス1型活性化が原因なのもわかってきました。 お年寄りだけでなく女性に多いヘルペスにかかったことがある方は若くてもなる可能性があります。 この場合対応としては酸素、グルコース糖、刺激が有効です。ウイルスですので医師からの診断もちろん受けてください。 ヘルペスは身体が弱った時やストレスで活性化します。お身体に意識を向けて不調を感じたらすぐにケアしてください。 お悩みの場合はLINEでも相談承ります。 宮城県東松島市石巻市の整骨院 やもと整骨院

2020.12.21リモートワークによる急増加『めまい』『耳鳴り』の原因と対策

41D1A5BB-D10B-4D86-BCCF-09C45AB80944

 感染症対策や新生活様式により、リモートワークで長時間働かれる方も増えてきたかと思います。それに伴いめまいや 耳鳴りの不調が新たにでてくるケースが増えてきました。  こうした不調の原因には脳神経である三叉神経と小脳が大きく関与します。  三叉神経について。脳神経は12本ありそのうちの一つ三叉神経は機能の一つに食事をするため顎を動かす咀嚼筋や歯根の感覚を把握する役割があります。  小脳について。小脳は平衡感覚やバランスの役割を担い、動作の動き始めや動きの終了を制御します。  リモートワークがめまいや耳鳴りの原因となる理由について。 リモートワークの従事者の傾向として自宅で働くため必要な物や飲み物を手の届く範囲や椅子に乗ったまま移動してたぐりよせる配置にすることが多い点があります。ご家庭によっては食事は奥さんが運んでくるケースもあります。つまりはトイレ以外ほとんど座ったまま運動動作をする機会がない環境になります。これによって小脳への刺激がなくなり機能低下をおこし、眼球をしっかり据え置くことができず眼振をきたしめまいや耳鳴りを起こす原因になります。  それに拍車をかけるのが三叉神経です。三叉神経は中脳に位置し、そこには三叉神経中脳路核という箇所があります。そしてここから小脳に情報伝達する経路があります。そこでめまい、耳鳴りとの三叉神経との関わりですが、食事をするときよく噛まないで丸呑み傾向にあると顎を動かす咀嚼筋が働かず、三叉神経を介した刺激が小脳に行かず、小脳の機能低下に拍車をかけてしまいこれもめまいや耳鳴りを誘引する原因になります。  めまい、耳鳴りの対策。 シンプルですが1時間に一回は軽く身体を動かしたり、立ったままでできる時間があれば積極的に立って仕事をこなす。椅子に座るようなエアースクワットなど小脳を活性化しましょう。また、意識的に噛む回数を増やしたり、マナーに支障なければガムを噛むとかも良いかと思います。

カテゴリー

人気記事一覧

最近の投稿

アーカイブ