健康な体が一番!笑顔のあるれる生活を!

2022.05.17ばね指(弾発指)

1⃣ばね指とは?
ばね指とは指を曲げた後、指が伸びなくなって曲がったままの状態になり、伸ばそうとするとバネのように急に伸びるという病気です。これはばね指の特徴的な初期症状であり、更に進行すると一度曲げたら戻らなくなり、反対の手で指を伸ばしてあげないと伸びない状態や無理に伸ばそうとすると痛みが強くなります。どういう仕組みで指の動きがバネのようになってしまうのか?それは指の腱と腱鞘(腱が通るトンネルの様なもので腱の浮き上がり防止の役目がある)に問題があるからです。腱と腱鞘は指の曲げ伸ばし、関節の動きに重要な部分で指をスムーズに動かせる構造になっています。その腱と腱鞘の間で炎症が起こると指のスムーズな動きが失われ、指の曲げ伸ばしがしづらくなり次第にバネのような動きになったり痛みが出現してきます。いわゆる指の腱鞘炎のような状態で、腱鞘炎が起きているポイントを腱が通過した際に急に指が伸びる「バネ現象」が起こることがあるため「ばね指」と呼ばれるようになったのです。

2⃣ばね指になる原因
更年期や妊娠・産後の女性に多く見られます。なぜ女性に多いのか?それはホルモンバランスが関与しており加齢による筋力低下、女性ホルモン分泌量低下に伴う骨粗鬆症・閉経、妊娠などホルモンバランスが乱れる事により腱や腱鞘が弱くなるのが原因の一つです。また、スポーツや手・指を多く使う職種、主婦の方など常に手を酷使している人もばね指になりやすい傾向にあります。その他にも関節リウマチや糖尿病のような持病がある方は、血行不良などにより発症しやすくなります。

3⃣治療方法
基本的には、手術をしない保存療法が用いられますが、症状が強い場合は手術が必要になるでしょう。軽症の場合は安静が第一です。痛みの原因となっている行為を避け、できるだけ安静にする事により炎症症状も治まり指の動きも改善してくるかと思います。他にもステロイド剤の注射を打つことや装具をつけて負担を軽減させるなどの治療法があります。

4⃣当院での治療法
まず、痛みが起きている指に関係する筋肉の緊張を取るため上肢を中心にマッサージや筋膜リリースを行っていきます。炎症が起きている場所だけが原因ではなく、痛めている腱の本体である筋肉の動きを改善しないことには回復速度も遅くなってしまうので指だけではなく、前腕・上腕部も触れるよう心がけております。また、炎症が起きている所には炎症を抑える為の医療機器をあて、鎮痛・回復促進作用を促します。ある程度動かせる患者様には、お家でもできるばね指に効果的なストレッチの指導も行っており、悪化・再発防止にも力を入れております。治療内容や治療時間、料金、予約等につきまして何かご不明な点等ございましたらお電話やLINE公式アカウントにて承っておりますのでお気軽にご相談下さい!お待ちしております。

関連記事

カテゴリー

人気記事一覧

最近の投稿

アーカイブ