やもと整骨院リクルートサイト

早期治療と適正治療で 後遺症の予防を
  • フェニックスエレメントとは…

    平成17年にやもと整骨院を開業。東日本大震災で窮地にたたされるが地域のかたがたのおかげで再建できました。その恩に報いるためにも疲弊した地域を復興させるべく法人化し本拠地を東松島市にさだめました。

    今後は復興を担う企業として地域に根差した整骨院、介護事業を運営し、更なる飛躍として完全自費型の新世代整骨院を起動し東北から全国展開を目指す。

これは一言でいえば「気づき力」をつけるということです。

まず自分の身体の声に「気づく」自分の心身が不健康、また知識が勉強不足であれば周囲を助けることは十分に行えません。自分の体調をしっかり管理し、どんな知識を生涯にわたり身につけ磨いていくかを行動指針にすることが重要です。

また、実際現場で患者様を見る時は「症状を診るのでなく人を診る」ことを大事にします。
これは例えば相手が「嬉しそう」「いつもより顔色が悪い」など「気づく」ことを更に高見にもっていくことです。

そういったことが普段からできるようになれば仕事以外の場面でも、他者に対して寛容になれ普段の行動が社会貢献につながると考えます。

一日のスケジュール

  • 当社が求める人材

  • 学ぶ姿勢のある人

    スタッフに求めるものは、経験より「学ぶという姿勢」。
    まったくゼロからでも結構です。常に新しい発想を持って、新しい知識や体験に対して、貪欲に学ぶ情熱のある方。

  • キツいことも自分を磨くことだと考えられる人

    仕事とは自分を磨く最高のツールだと思います。 だからこそ自分に厳しく、自分をを磨くための「人間作り」の場でありたいと考えています。

  • 人間的な関係を大切にできる人

    ともに融和団結し院内のムードを盛り上げてくれるような方、
    またこれと同時に、患者さん方との人間関係を大切にできる方、
    「あの先生に治療してもらいたい」そんな嬉しい指名が入るような、人間味あふれる方。

  • 自分で考えて行動できる人

    職場全体がうまく動いていくために重要な事。
    それは1人1人のスタッフが自分で考えて行動できる事。
    常に言われたことしか出来ない指示待ちの状態では、自分を磨く事はおろか、患者さんに迷惑がかかってしまいます。

  • 信頼のおける人

    職場で最も重要視していること、それはスタッフ全員のお互いに対する「信頼」。
    「みんなで汗をかき、嬉しいことはみんなで分かち合える。
    苦しい事もみんなで分かち合える」そういった仕事に魅力を感じられる方。

  • 残念ながら当社に合わない人

  • 約束を守れない責任感のない人

    例えば、患者様との何かの約束を破った場合、他のスタッフがどれだけ頑張っていても、その信頼は一瞬にして 崩れてしまいます。
    また、急なお休みを頻繁に取る方は結局のところ組織の足を引っ張ってしまいます。

  • 言われたことしか出来ない人

    院内は治療時間中は忙しいです。
    ですから一から十まで教えないと動けない方は難しいかも知れません。 大切なのは「先を読んで動く」という癖をつけることです。

  • いい加減な気持ちの人

    治療というのは真剣勝負そのものです。
    「何とかして治してあげたい!」その一心で治療を行なっています。
    ですから、手が空いたからと言って私語をする方などは論外です。

  • 素直さがない人

    それは「伸びる人間は例外なく素直」なのです。
    逆にいうなら自論を展開したり、不平不満ばかりが先にくる人は、せっかくの自分の才能を使いこなせぬままに終わってしまいます。

  • 仕事への価値観の違う人

    仕事とは自分を磨く事であり自分の人生の一部です。
    他人を喜ばせる事の出来る素晴らしいもので誰かに必要とされることが仕事だと考えます。
    ですから仕事を単なる作業としての位置づけでしか考えられない人は当院には向かないと思います。

  • やもと整骨院

    やもと整骨院は年中無休です。
    お休みがない? 激務?と思ってしまう方もいらっしゃるかと思いますが、基本は、私たちの仕事は肉体を使う仕事であり、またそれ以上に、頭を使う仕事です。
    しっかり休まないと、患者様によい治療ができないので、シフト制で休んでいただきます。

    週休2日の一般企業にくらべれば少し休みは少ないかもしれません。治療技術だけは、経験を持ってあなたのスキルとなります。まずはスキルアップを目標に、はじめの一年をしっかりがんばりましょう!

    基本的にはお休みなどは各スタッフのスケジュールと調整し、希望があれば融通が利くようにしております。

一日のスケジュール

ここではある社員の一日のスケジュールを例にとってお知らせします。
  • 8:30

    出社   掃除

  • 9:00

    整骨院 オープン

  • ~ 12:00

    午前中では平均6~10人の患者様の治療にあたります
    なるべくお待たせしないように、ですが一人一人丁寧に。がモットーです。

    午前中は主に腰や膝の痛みをかかえた高齢者の患者様が多く来院します。

  • ~ 14:00

    お昼休み
    しっかりご飯を食べて、少し横になります。
    お昼寝は他の整骨院や医療機関でも行っていますが、午後勤務の体力維持や、集中力アップに効果があります。

  • ~ 19:30

    午後では平均10人の患者様の治療にあたります
    午前中の客層と変わり、夕方は学生さんや、会社員の方々なども来院します。

    午前中の客層と変わり、夕方までは主婦層の患者さまが家事や育児の負担で身体を痛めたかたや、 日常生活の中でのケガの方が多く来院します。

    17時以降は学生や自衛隊員の方のスポーツ障害やサラリーマンの方、OLの患者様など幅広い層のかたがたが来院します。

  • ~ 20:00

    本日のミーティングと事務作業を行います。
    仕事が終わりましたら解散です!

患者様の人数は、曜日や、時期によって異なります。
空いた時間は、治療法のアドバイスを、院長や先輩にもらったり、症例確認などを行います。
患者様の症状・生活習慣と、治療技術の組み合わせは、様々な方法・手段が考えられるため、情報収集と経験が必要になります。

お昼や仕事後は、スタッフみんなで定期的に、車で外食に出かけたりもしています♪

やもと整骨院情報

  • やもと整骨院

    やもと整骨院は、宮城県東部に位置する東松島市に所在し、名前の由来は、東松島の中心部の地区名である「矢本」からとっております。

    当院は、平成17年3月に開設し、今年で7年目をむかえました。自治体が、市民の健康を支持すべく作り上げた、トレーニングジム・プール・温泉の、複合施設である健康増進センター「ゆぷと」に併設しており、市のメディカルな部分を支えています。

    震災により、東松島市も、津波による被災で大打撃を被りました。
    市民の皆様は、復旧・復興に追われる日々のため身体を酷使し、痛みを抱える方が続出しております。当院も震災の際は、避難所でのケア、医療物資の支給、治療院の無料治療日を設けるなどを行い、地域医療の担い手として頑張りました。

    東松島市の市民の方々は、特に柔道整復師の支えを必要としています。
    ともに地域医療を支えてくださる方を、お待ちしております。