Author Archives: yamoto



手根管症候群

1⃣手根管症候群とは? 手首には手根管と言われるトンネルのような空間があり、その空間には正中神経や腱などが通っています。手根管症候群は手根管を通る正中神経が手の使いすぎや何らかの刺激を受け神経が圧迫されることにより、指先に痛みや痺れが出るもののことを言います。痺れは親指、人差し指、中指、薬指の親指側に出現し、小指には症状が出ないというのも特徴的です。他にも何かに触れたときの感覚が鈍くなるなどの感覚低下がみられ、夜から朝方に痛みや痺れが増強し、痛みで目が覚めることもあります。また症状が進むと母指球筋の筋力が低下することにより、力が入らない・ボタンをかけたり何かをつまむといったような動作が思うようにできなくなる等の症状も現れてきます。 2⃣発生原因 原因の多くは手の使いすぎで手根管を通る腱が炎症を起こしたり・むくみが起き発症する、もしくは原因のハッキリしない特発性のものです。中高年女性や妊婦、産後の方に多く見られることから女性ホルモン関連する病気だとも言われています。女性ホルモンの分泌量に伴い手根管内にむくみが起こりやすいことにより正中神経が圧迫され症状が出現するケースがあり、生活習慣病になりやすい更年期にはとくに注意が必要です。 その他にも肥満、手首の骨折後、手根管内の腫瘍、リウマチによる滑膜炎、腎疾患、透析、糖尿病、痛風などのホルモン変化や代謝性疾患に伴い発生することもあります。 初期症状は指の痺れや指の動かしづらさなどの違和感が出てきます。しかし患者様の多くはこの段階では病院にかかる方は少ないのではないでしょうか?当院の患者様のお話を例にすると、「仕事や予定がはいっていて忙しく受診出来なかった」「少しの痺れや違和感ぐらいならそのうち治まるだろうと思っていた」という方が多く、早期治療のタイミングを逃してしまい症状が悪化した段階で受診されるかたが多いです。症状が進めば進むほど、治るまでの時間もかかりますので早めに症状と向き合う事をお勧めいたします。症状と向き合う第一歩として手根管症候群かもと思ったら、「ファレンテスト」という診断テストをしてみましょう。左右の手首を直角に曲げて、左右の手の甲を合わせます。その状態で約1分キープしましょう。その間に小指以外の指に痺れが出たり、痛みが悪化した場合は手根管症候群の可能性があります。しかし、この診断テストだけで手根管症候群と判断できませんので陽性反応が出ても出なくても、普段から手に異常があるのであれば一度病院で検査を受けることをお勧めします。 3⃣当院での治療 当院では消炎鎮痛剤やビタミン剤の処方、ホルモンに関する注射などは出来ませんので、手技療法がメインとなります。具体的には、筋肉の緊張を取り除くことにより手根管にかかる負担の軽減、手根管までの正中神経の通り道の確保のためのマッサージや筋膜リリース、血行促進の為の電気療法、疼痛抑制・深部へのミクロマッサージを目的とする超音波療法などを用いて治療にあたります。ある程度痛みが引いてきた場合や、軽症であればストレッチ方法の指導も加え再発・悪化防止に力を入れております。以上のように患者様の症状や状態に合わせて治療プランを組むことにより、その時々に合った治療を提供するよう心掛けております。また手根管症候群に伴う首凝り・肩こりなどのその他の症状も同時に対応も可能ですのでご安心ください。治療内容や料金、予約等につきまして何かご不明な点等ございましたらお電話やLINE公式アカウントにて受け付けておりますのでお気軽にご相談下さいませ。心よりお待ちしております。

Posted in 肩・腕の症状、治療プラン | コメントは受け付けていません。

ばね指(弾発指)

1⃣ばね指とは? ばね指とは指を曲げた後、指が伸びなくなって曲がったままの状態になり、伸ばそうとするとバネのように急に伸びるという病気です。これはばね指の特徴的な初期症状であり、更に進行すると一度曲げたら戻らなくなり、反対の手で指を伸ばしてあげないと伸びない状態や無理に伸ばそうとすると痛みが強くなります。どういう仕組みで指の動きがバネのようになってしまうのか?それは指の腱と腱鞘(腱が通るトンネルの様なもので腱の浮き上がり防止の役目がある)に問題があるからです。腱と腱鞘は指の曲げ伸ばし、関節の動きに重要な部分で指をスムーズに動かせる構造になっています。その腱と腱鞘の間で炎症が起こると指のスムーズな動きが失われ、指の曲げ伸ばしがしづらくなり次第にバネのような動きになったり痛みが出現してきます。いわゆる指の腱鞘炎のような状態で、腱鞘炎が起きているポイントを腱が通過した際に急に指が伸びる「バネ現象」が起こることがあるため「ばね指」と呼ばれるようになったのです。 2⃣ばね指になる原因 更年期や妊娠・産後の女性に多く見られます。なぜ女性に多いのか?それはホルモンバランスが関与しており加齢による筋力低下、女性ホルモン分泌量低下に伴う骨粗鬆症・閉経、妊娠などホルモンバランスが乱れる事により腱や腱鞘が弱くなるのが原因の一つです。また、スポーツや手・指を多く使う職種、主婦の方など常に手を酷使している人もばね指になりやすい傾向にあります。その他にも関節リウマチや糖尿病のような持病がある方は、血行不良などにより発症しやすくなります。 3⃣治療方法 基本的には、手術をしない保存療法が用いられますが、症状が強い場合は手術が必要になるでしょう。軽症の場合は安静が第一です。痛みの原因となっている行為を避け、できるだけ安静にする事により炎症症状も治まり指の動きも改善してくるかと思います。他にもステロイド剤の注射を打つことや装具をつけて負担を軽減させるなどの治療法があります。 4⃣当院での治療法 まず、痛みが起きている指に関係する筋肉の緊張を取るため上肢を中心にマッサージや筋膜リリースを行っていきます。炎症が起きている場所だけが原因ではなく、痛めている腱の本体である筋肉の動きを改善しないことには回復速度も遅くなってしまうので指だけではなく、前腕・上腕部も触れるよう心がけております。また、炎症が起きている所には炎症を抑える為の医療機器をあて、鎮痛・回復促進作用を促します。ある程度動かせる患者様には、お家でもできるばね指に効果的なストレッチの指導も行っており、悪化・再発防止にも力を入れております。治療内容や治療時間、料金、予約等につきまして何かご不明な点等ございましたらお電話やLINE公式アカウントにて承っておりますのでお気軽にご相談下さい!お待ちしております。

Posted in 肩・腕の症状、治療プラン | コメントは受け付けていません。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

1⃣テニス肘の症状や痛みが出る場所は?? まず、初めに負傷名には「テニス」と表記されている為、テニスをしている人がなるものだと思う方もいらっしゃるかと思いますがそういうことではありません。正式名称は上腕骨外側上顆炎といい、その名の通り上腕骨の外側上顆という場所に炎症が起こって痛みが出るというものです。外側上顆からは長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋・総指伸筋といった筋肉がついておりこれらは手首を伸ばす動作や指を伸ばす動作に大きく関与しているため日常生活で指先や手首に負担のかかる動作が多い方に発症しやすく、スポーツでいうと特にテニス選手に多く見られるため「テニス肘」と言われております。 テニス肘は物を掴んで持ち上げる動作や、タオルを絞る動作など手首の伸展か加わる動作の際に、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。比較的に安静時には痛みは無く、動かすと痛みが出ることも特徴的です。 2⃣テニス肘になる原因 手首を伸ばす動作・手首を上に上げる動作や手首を外に捻る動作(回外動作)などをを行った際に上腕骨外側上顆に付着する筋肉が働きます。この動作が繰り返し起こる事により筋肉・腱に負荷がかかり痛みが出現すると考えられています。多くは何かを強く握ったり、重い物を持つ動作や、テニス・ゴルフなどで起こりやすいものですが近年では、長時間のパソコン操作によっても発症するケースがあります。手首を起こしている姿勢が長時間続くと大きな負荷がかからなくても使い続ける事によっても発症します。 3⃣治療方法は? 使いすぎにより起こるテニス肘は、安静に過ごすことができれば基本的に自然治癒することが多いです。原因となっている動作を避け、アイシングをして筋肉を休ませてあげる事で次第に炎症も落ち着き、痛みも引くでしょう。しかし、安静にできないとなると炎症が悪化し少し動かしただけでも痛みが出るようになり日常生活に支障が出るまでになってしまいます。悪化した分、治るまでの期間も長くなり、治りづらくなるため早めの治療、休息が治すための近道です。どうしても動かなければならない!という場合にはサポーターやテーピング、治療院でのケアをしつつ、悪化防止のためにもお家でもケアする必要性があるでしょう。 4⃣当院での治療法は? 当院では、炎症を抑える為の治療をメインに行います。炎症が起きている組織に対し、強めのマッサージや矯正は悪化させるおそれがあるため、炎症期間の間はソフトなマッサージや筋膜リリースを用いて筋緊張の改善と超音波という機器で炎症を抑えるよう施術を行います。その他にも熱感を取り除くためのアイシングや、筋肉の動くをサポートする為のテーピングなど回復促進・悪化防止に力を入れております。炎症期間が過ぎ、痛み引き次第マッサージや矯正など取り入れ、その時の状態に合わせて内容を変えながら施術をおこなうよう心がけており、再発防止にも努めています。 テニス肘のほかに数々のお怪我にも対応しておりますのでお気軽にご相談下さいませ。その他のお問い合わせ等もお電話やLINE公式アカウントにて承っております。お待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。

Posted in 肩・腕の症状、治療プラン | コメントは受け付けていません。

脊柱管狭窄症

1⃣脊柱管狭窄症とは? 皆様は脊柱管狭窄症はどういったものなのかご存知でしょうか?脊柱管とは、椎骨(背骨)が連なってできたトンネルの様な管のことを言い、その管の中には脳から続く脊髄神経(感覚神経や運動神経)が通っていて脳脊髄液(栄養の運搬や老廃物の除去、脳・神経の保護をする)で満たされています。 脊柱管狭窄症とは、脊柱管の中を通る神経の背側にある黄色靭帯が分厚くなったり、骨が変形・突出したり、ヘルニアなど様々な要因により脊柱管が狭くなった状態のことを指します。脊柱管が狭くなるとその中を通る神経が圧迫され、痛みなどの症状が現われてくるのです。しかし、狭窄のあるすべての人に症状が出るわけではなくレントゲンやMRIなどの画像検査で狭窄が見られても痛みや痺れなどの症状が出ない場合もあります。 2⃣主な症状 症状は脊柱管のどこで狭窄が起こっているかにより変わります。狭窄が起きやすいのは頚部・腰部に発症することが多く、当院では腰部の脊柱管狭窄症にお悩みの方は多く見られます。 頚部の狭窄症の場合、手足の痺れや痛み、運動障害などが現われることがあります。具体的には、服やズボンのボタンが掛けにくい、字が書きにくくなるといった指先の細かい動きがやりづらくなったり、歩きにくさや足をあげづらいなど下肢の症状も出現します。 腰部の狭窄症の場合、腰から下肢の痺れや痛みが出現し、歩行時に臀部や下肢に痛みや痺れを感じやすく、休憩をすると症状が和らぎ、再び歩き始めるとまた症状が現われるといった間欠跛行がみられるのが特徴的です。 3⃣狭窄症の治療法 治療法には保存療法と手術療法があります。症状が軽い場合は神経ブロック注射や鎮痛剤を使用する薬物療法・コルセットの着用や患部のリハビリ、ストレッチなど手術をしない「保存療法」で治療をする事が多いでしょう。保存療法でも症状が緩和しない場合や、症状が重い場合は脊柱管を広げ神経の圧迫を防ぐための手術や脊柱管を広げた後に金属やポルトで固定する手術などが用いられます。しかし、手術をしてからといって必ずしも完治するわけではありません。術前より症状は軽くなったが、まだ痛みや痺れが残っているというケースや、術後は症状がなかったが数年経ってまた症状が出現し始めたというケースも多く見られます。 当院では薬物療法や手術療法は出来ないのはもちろん、脊柱管を広げたり金具で固定することは出来ない為、患部のリハビリやストレッチなどの手技療法をメインに施術にあたります。具体的には、マッサージや電気療法で血行の促進を促し筋緊張の緩和に努めます。また、筋肉や関節の動きがより良くなるように筋膜を緩める筋膜リリースや骨格そのものの根本改善のための骨格矯正なども取り入れ再発・悪化防止に力を入れております。矯正方法は器具なども使わず手技のみで行うソフトな矯正から矯正器具を使っての矯正や、骨を鳴らすような強めの矯正など様々な技法から選び施術にあたりますので、個々の患者様に合わせた治療プランをご提供することが出来ます。治療内容や料金、予約等につきまして何かご不明な点等ございましたら、お電話、やもと整骨院のLINE公式アカウントにて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

Posted in 頭・首・体幹の症状、治療プラン | コメントは受け付けていません。

5月~営業案内~

いつもやもと整骨院をご利用頂き、誠にありがとうございます! 5月の営業案内を申し上げます。 5/3(火)~5/5(木)までの3日間は祝日のため、AM9:00~12:00/PM14:00~17:00までと短縮営業になります。何かとご不便をおかけすると思いますがご了承くださいますようお願いいたします。 5/6(金)以降は通常通りの時間帯で営業いたしますのでよろしくお願いします!

Posted in やもと整骨院からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

顎関節症

1⃣食事やあくびをする際など…顎が痛むことはありませんか? 顎関節や咀嚼筋の痛み、開口・閉口時にカクカクといったような顎関節の雑音、開口障害、顎運動の異常などがある場合、顎関節症に分類されます。発症には解剖要因、咬合要因、外傷要因、精神的要因、行動要因などが関係していると考えられています。大まかにいうと顎関節そのものが原因であるパターンと日常生活でかかる顎関節への負担が原因であるパターンの二つに分けることが出来ます。とくに近年ではくいしばりや歯ぎしりなどの行動要因や、精神的ストレスにより筋肉を緊張させ咀嚼筋や顎関節の負担を増加させるなどの精神的要因といった日常生活での原因が取り上げられています。また、様々な因子が影響し合い症状を引き起こしている可能性もあるのです。 2⃣顎関節症の治療法 マウスピースなどを装着し、噛み合わせを合わせていく治療法や薬物療法、理学療法などが用いられます。顎関節症は時間経過とともに症状が改善しやすい事から、経過観察しながらゆっくり時間をかけた身体の負担が少ない治療法で噛み合わせを整えることが多く、一般的には手術をするようなケースは少ないかと思います。当院での治療法は主に手技での顎関節の調節や顎関節に関係する筋肉へのアプローチ、治療器を用いて炎症症状を抑えたり様々な技法と取りいれ施術にあたります。また、顎関節だけではなく顎関節症を患っている事によって引き起こされる頭部・首・肩などの「痛み」にも対応しております。顎関節の痛みにより自律神経が乱れ、他のところも痛みが生じたり過剰に神経が反応してしまうケースは多く見られるため顎関節の症状だけにとらわれず幅広く診るよう心がけていますので、顎の症状に関わらず複数の症状にお悩みの方もお気軽にご相談下さい!治療や料金に関する問い合わせやご予約等につきましてはお電話やLINE公式アカウントの方でも随時受け付けておりますのでいつでもお問い合わせください。心よりお待ちしております!

Posted in 頭・首・体幹の症状、治療プラン | コメントは受け付けていません。

眼精疲労

1⃣気づきにくい目の疲れ、眼精疲労 現在、スマホやパソコン操作などディスプレイ作業が増えており目を酷使する機会が多くなっております。そういった作業をしていて先立って症状が出てくるのが首凝り・肩こりかと思いますが意外にも目の疲労も蓄積されており側頭部や 目の付近の痛みやだるさを訴える患者様は数多くいらっしゃいます。眼精疲労の主な症状は「目の充血や目の奥の痛み」「視界がぼやける、かすむ、太陽や電気の明かりがいつもに増してまぶしく感じる」などがあげられます。また、眼精疲労が進行すると首・肩こりの症状も強くなりめまいや吐き気などが出現する事もあり、目の疲れだけでは済まない状態に陥る場合が多いかと思います。 2⃣なぜ眼精疲労になるのか? ドライアイや白内障・緑内障などの目の病気の有無により眼精疲労になりやすい、なりにくいはあるでしょう。しかしそれだけではなく眼鏡やコンタクトレンズによっても眼精疲労を引き起こすこともあります。自分に合っていない眼鏡やコンタクトレンズを使い続けると、目の焦点を合わせようと無理に目の筋肉を使ってしまい眼精疲労の起因となります。また、スマホやパソコンなどを使用する頻度が高くなることにより目を使いすぎてしまい症状が出てくるわけですが、作業環境によってはドライアイなどの目の病気に繋がるケースもあります。エアコンや送風機などの風が当たるような場所での長時間デスクワークや湿度の低い環境での作業では目の乾燥が進み、症状が悪化する恐れもあります。   3⃣眼精疲労の対策と治療法 まずは、生活リズムを正しましょう!十分な睡眠をとり、適度に体を動かし、バランスの取れた食事をとる…いたって普通のことが出来ていない方はとても多いのです。これは目の症状は限らず全身の症状改善には欠かせない要素ですので一度、生活リズムを見直すのがよいでしょう。 またスマホやパソコン、照明など目の刺激になるものに配慮しましょう!画面のコントラストや輝度を下げたり、照明の明るさを下げたりなど目に入る刺激をできるだけ軽減する事により目の負担も大幅に変わります。とくに就寝前にスマホをいじる行為は自律神経の乱れに関係するの出来るだけ控えましょう。その他の対策としては、治療を受けることです。当院では眼精疲労の元となっている首凝り・肩こりの改善や自律神経系の調節など多方面から目へアプローチし改善に努めます!眼精疲労や治療内容につきまして何かご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。いつでもお待ちしております!

Posted in 頭・首・体幹の症状、治療プラン | コメントは受け付けていません。

肋間神経痛

1⃣肋間神経痛とは? 肋間神経とは胸のあたりの脊椎「胸椎」から分岐し、肋骨に沿って分布している神経で胴回りの骨格筋の支配と胴回りの皮膚の感覚を伝達する神経なのですが、その肋間神経が何らかの刺激を受けると神経支配領域に痛みが出現する場合があります。これが肋間神経痛です。 当院の患者様の症状例を上げますと「持続的に痛みが出る」「電気が走ったようにビッと痛む」「動くとジワジワ痛くなる」など痛みの種類は様々でこれと決まった症状は少ないです。また肋間神経のどこが刺激を受けているかにより痛む場所は異なるため、左右どちらかの一側性に出るパターンとやまれに左右どちらともに出る同側性のパターン、胸の前面に出現するなど個々により様々です。さらにはただ背中や側胸部が痛むだけでなく、呼吸をする動作でも痛む事もあります。これは呼吸の際に肺の動きに合わせて肋骨を持ち上げたり、下げたりと肋骨付近の筋肉を動かすことにより痛みに繋がるからです。 2⃣原因は?? 肋間神経痛の原因は明確にはされておらず、神経が何らかの刺激を受ける事により出現するということしかお伝え出来ません。しかし当院が考える原因は身体的・精神的ストレスや帯状疱疹などが挙げられます。長時間同じ姿勢での作業や運動不足などで血行不良になり筋肉が硬くなれば神経に圧迫刺激が入ってしまったり、いつも同じ方向で横向きで寝ていれば下になっている方の神経が刺激を受けやすくなる為左右差が明らかになって痛みが出たりもします。また、骨格の問題もあるでしょう。骨折などで変形したまま治ってしまった状態や変形性胸椎症やヘルニアなど患っていて骨格そのものに何か問題がある場合、肋間神経に何かしらの刺激を与えてしまう恐れがあります。他にも精神的ストレスが強いと神経が過剰に反応してしまうため少しの刺激でも痛みを引き起こしているケースも考えられます。 3⃣当院での治療法 骨格の状態や何の刺激で肋間神経痛が引き起こされているのかにより治療内容は多少変わりますが、基本的には緊張した筋肉を和らげるためマッサージや電気療法・温熱療法などを用いて施術にあたります。また、骨格矯正も取り入れ疼痛の緩和と再発防止に力を入れております。マッサージや電気療法だけでは治療してすぐは調子がよく時間が経つとまた元に戻ってしまうケースが多い為、根本的に身体の状態を見直す必要があると当院では考えております。矯正方法は自重で筋膜を緩める技法や、治療器具を使ったソフトな矯正、ポキポキと骨を鳴らすような矯正など様々な方法があり個々に合わせた治療プランをご提供する事ができますので安心して当院にお任せ下さい! 他の症状でお悩みの方も何かご不明な点等ございましたらお気軽にお声がけください。お問い合わせやご予約などにつきましては電話やLINE公式アカウントで随時承っております!お待ちしておりますのでどうそよろしくお願いいたします。

Posted in 頭・首・体幹の症状、治療プラン | コメントは受け付けていません。

4月~営業案内~

いつも大変お世話になっております、やもと整骨院です! 4月の営業案内を申し上げます。 4/29(金)は祝日の為、AM9:00~12:00、PM14:00~17:00までと、短縮営業になります。ご不便をおかけしますがご了承くださいませ。 また、29日(金)以外は通常通りに営業いたしますのでよろしくお願いします!!

Posted in やもと整骨院からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

ストレートネック

1⃣ストレートクネックとは? 現在、日本人の8割以上がストレートネックの予備軍と言われるほど増加傾向にある症状「ストレートネック」。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?本来、首の形は横から見ると緩やかなS字カーブのような形状をしているのが正常です。なぜS字カーブになっているかというと、S字に曲がっている事により重力や重い頭を支え、姿勢を保つのに有利な状態にするため自然にS字になるように形作られるようになっています。しかしそのS字カーブが失われ首が真っすぐ前に出ている状態になると上手く頭の重さを支えられず、余計に筋肉が緊張してしまい神経や血管が圧迫を受け首の痛みや、肩凝りの悪化、頭痛や痺れを引き起こすなど様々な不調をもたらすことがあります。これがストレートネックです。今では不良姿勢でスマホを長時間扱うことで生じやすいこともあり「スマホ首」とも言われます。 2⃣ストレートネックは何が原因なのか…治るものなのか? 原因の一つ目はデスクワークです。長時間正しい姿勢でパソコン操作ができていれば良いですが、前傾姿勢になったり猫背になってしまう人の方が多いのではないでしょうか?デスクに向かう姿勢が悪かったり、デスクの高さや椅子の高さが自分に合っていないと、画面を覗き込むように首が前に出てしまったり背中を丸めて画面と目線を合わせ調節するようになりストレートネックを引き起こしやすくなります。 二つ目はスマホの見すぎです。現代、一人一台は持っているぐらい普及してる物であり日常には欠かせない物の1つですよね。しかし今ではスマホ操作によるストレートネックが急増しているのです!何気なくゲームや動画を観ている時、お店の待合や電車・バスに乗っている時など…うつむてスマホをいじっていませんか?スマホ操作していると無意識に目線が下になりずっとうつむく姿勢が続くと思いますがそれが首が真っすぐになってしまう大きな原因です。 三つ目は筋力の低下です。なぜ前傾姿勢や猫背になってしまうのかを考えるととても関係深いのです。そもそも猫背になってしまうような姿勢で何か作業をしなければならないという場合は筋力というより作業姿勢が原因ですが、正しい姿勢をキープできず次第に不良姿勢になってしまう・猫背になってしまうという方は、筋力が低下しているため姿勢に関わる筋肉が正常な働きが出来ない状態にあります。不良姿勢にならないために、首のS字カーブを保つためにも筋力は大切です。 主な原因として挙げられるのは以上の3つですが、これらが改善出来ればストレートネックが治るのかと言われると治るとは言い切れないのが現状です。一度真っすぐになってしまった首の形を元に戻すのは大変難しいとこで姿勢改善の意識や筋トレ、ストレッチなど患者様ご自身のお力添えもないと難しいでしょう。しかし形状を元通りにできなくても症状が出づらい身体づくりは可能です! 3⃣改善法 ・スマホ、特にデスクワークが原因なら、まずは姿勢には気をつけましょう。また、デスクの高さや椅子の高さも自分に合っているのか見直し合っていないなら物を変えるかモニター台やクッションなどを使って高さ調節しましょう!理想の位置は真正面にモニターがあり、肘が大体90度に軽く曲がるくらいの椅子の高さです。また、キーボードの位置は自分から遠すぎると前傾姿勢や猫背を招きやすくなるのでそこも注意して作業環境の改善をしましょう。目線が下を向かない様に画面と目線の位置は改善するべきです。 また長時間同じ姿勢も避けた方が良いです。ストレッチを合間にはさんだり、トイレに行くやメイク直しに行くなど何でもいいので立ち上がる機会を増やし少しでも筋肉を動かしましょう! ・ストレートネックに適したストレッチをしましょう。種類は数々ありますがここでは一つご紹介します。フェイスタオルをご準備ください!タオルの両端持ち、首の後ろにタオルを当てて、上を向くように頭を後ろに倒します。その状態でタオルを斜め上に引っ張りながら顎を軽く引いて5秒ほどキープします。これを毎日5回程繰り返し行いましょう。回数よりも毎日コツコツ続けるのが何よりも重要です! 4⃣当院での施術内容 先程も書いたように元の形状に戻すのは大変難しいため、当院ではストレートネックによる肩凝りや頭痛、痺れの改善や、症状が出づらくなるよう再発防止に力を入れた施術となっております。 筋肉の過緊張、血行不良に対してはマッサージや電気療法を用いて施術にあたります。また、筋肉や関節により正常な働きをさせるため首や背中などの骨格の歪みも整える骨格矯正も取り入れております。矯正を入れることにより症状の再発防止にもつながり痛みが出にくくなり生活の質も向上する事でしょう!さらには、お家で出来る簡単なストレッチなどもお教えできますのでお家でのアフターケアもバッチリです! 施術内容やストレートネックの症状についてご不明な点等ございましたらいつでもご連絡くださいませ。それ以外にも予約やお問い合わせ等も電話や、やもと整骨院のLINE公式アカウントにて受け付けておりますのでお気軽にお声がけください!お待ちしております。

Posted in 頭・首・体幹の症状、治療プラン | コメントは受け付けていません。